外貨預金とFXの違い リスクとメリットについて

Sponsored Link
 

今日本はマイナス金利まっただ中で
預金の利息もまーったくつかないですよね~。

ローンを組んでいる方であれば
借り換えにベストな時期ですが

お金を眠らせておくだけで
手軽に資産運用できると考えても
定期預金ですら期待できないレベルですからね。

 

そんな中、できるだけ高い金利の預金を求めて
外貨預金を検討する方もおられますが
銀行の口車に乗せられないように気をつけましょう(笑

というのは冗談ですが ^^;)
外貨預金ってパッと見た目はいい感じなんですが
なかなかリスクが高い商品ですからねー。

 

そんな中、あまり投資経験がない方や
これから資産運用を考える方などから
定期預金とFXの違いについて質問される事があります。

 

同じ為替取引じゃないの~?

 

という疑問を持つ方も多いようなので
外貨預金とFXの違いの解説と
リスクやメリットなども説明しておきますね♪

 

外貨預金とFXの違い

ドルとグラフ画像

外貨預金は読んで字のごとく
外国の通貨で預金をする事です。

日本より他国の金利が高い場合
外貨で預金する事でより高額な利息を得る事ができます。

例えば1ドル100円の時に
100万円を外貨預金したいと考えるとしましょう。

そうすると
1万ドル(通貨)を預金をする事になります。

手数料等のお話は後述しますが
現在の為替レートでドルを買って定期預金をし
満期時に定期の利息分とともに
満期時の為替レートで日本円として受け取ります。

まあ~まさしく読んで字のごとく
そのままですよね(笑

ですので為替取引としては
いわゆる「買い」しかできないと言う事になり
「売り」は満期時に日本円に戻す時に行うだけになります。

 

いっぽうFXは外国為替証拠金取引といい
外国の通貨を少額の保証金を元に売買し
為替差益や利息を得る取引になります。

簡単に言いますとFXは少額の資金でも
保証金の範囲内で大きな取引ができるという事です。

これをレバレッジといいFXの特徴と言えます。

例えば1ドル100円の場合
外貨預金で1万ドル(通貨)を預金するには
100万円必要ですよね?

しかしFXの場合ですと
口座に10万円しかない場合でも
レバレッジ10倍として1万通貨(100万円分)の取引が可能になります。

なぜこのような取引ができるのかというと
FXの場合、通常の商品のように
その都度すべての現金の受け渡しを行うわけでなく

その取引で発生した差額分だけのお金を決済する
差金決済という方法なので少ない金額で取引ができるんですね~。

先ほどの例のようにレバレッジ10倍で
1ドル100円の場合に1万通貨を買いポジションを持ったとしても
実際に取引のために100万円を支払うコトってないですからね。

仮にその後に相場が動いて101円になった時に決済すると
差額である1万円だけを受ける事になります。

 

これって実際動いたお金って1万円だけですよね?

 

これが差金決済というものになります。

この差金決済の仕組みがあるので
FXでは「買い」だけでなく「売り」という
ポジションを持つことも可能になっています。

だって実際に現金をやり取りするワケでなく
相場の動いた差額を決済するだけですからね♪

 

このようにFXは差金決済のため
「売り」ができるという事が
外貨預金と大きく違う点だと言えるでしょう。

 

外貨預金とFXのリスクとメリット

通貨いろいろ画像

外貨預金にもFXにも共通するリスクとして
為替差損が挙げられます。

ちなみにメリットはどちらも金利だけでなく
為替差益が期待できるというところでしょうか(笑

外貨預金にしろFXにしろ
メリットがデメリットにもなっちゃうんですねー。

 

さて、為替差損を単純に説明しますと
1ドル100円で1万通貨(100万円分)買った場合
もし95円になってしまうと5円分の為替差損が発生します。

たとえば外貨預金で1ドル100円の時に
1万通貨(100万円)を預金していたとしましょう。

満期時に円相場が95円になっていると
1万通貨を円にすると95万円になってしまいますよねー。

なんと!

 

ただ預けてただけで5万円マイナスに・・・

 

これが為替差損になります。

外貨預金はいわゆる「買い」しかできませんので
円安の方向に動いていた時は為替差益が発生しますが
円高傾向にある時は大きな損を出してしまう可能性があるという事です。

また、外貨預金はFXに比べると
かなり手数料が高いという欠点もあります。

最近はネット銀行などで
かなり手数料が低く設定されている商品もありますが
FXに比べるとやっぱり高いですね~。

 

正直、個人的には

 

外貨預金するならFXのほーがよくね?

 

というところが本音ですねー(笑

 

さて、FXのデメリットですが
手軽さと少額資金での投資ができるため
益も大きいのですが損も大きいという点です。

よく短期間で○○○万円稼いだ!

なんてコトを聞くと思いますが
それは大きなレバレッジをきかせて
かなりハイリスクな投資をしているからです。

ハイリスクをとると
儲けも大きいですが損失も莫大です。

 

FXはさほど難しい投資ではありませんが
何も考えずにやってると
百戦錬磨の猛者たちのカモになっちゃいます。

きちんと自分のルールと資金管理法を構築して
感情にまかされず淡々と投資しないと
ほんとエライことになっちゃいますよ。。。

 

ただ、FXに関しては
今では1000通貨での取引も可能になりましたので
少ない資金でも長く相場にチャレンジできます。

しっかりとしたルール作りができていれば
リスク小で稼ぐことができますから
まずは少額資金で相場感を掴んでいくことも可能です。

これもFXのメリットといえるかもしれませんね♪

 

外貨預金とFXの違いのまとめ

ドル円札束画像

外貨預金とFXの違いのまとめとしまして

外貨預金は現金をそのまま動かして
円を外貨に換えて預金するのですが

FXは証拠金取引によって
差金決済として損益のみのお金が動くという
大きな違いがあります。

 

どちらも為替差損が大きなリスクとなり
為替差益が大きな利益になるというものでした。

十分な余裕資金がある方で
あくまで利息のみと考えるなら
外貨預金もいいかもしれませんが

個人的には手軽さと手数料の安さから
FXをおすすめしますねーというコトで
今回のお話を締めさせていただきます~♪


Sponsored Link
 

 

このページの先頭へ