世界一のお金持ちの国はどこなのか 日本はどう?

Sponsored Link
 

世界一のお金持ちの国ってどこなのでしょう?

この「世界一お金持ちの国」の基準が気になるところですよね。

と、言いますのは、GDPの高い国なのか
お金を持っている国なのか
国民生活が豊かな国の事を指すのか・・・

何をもってお金持ちの国と言えるのか?

なーんて事を考えていたので
いろんな視点でお金持ちの国を考えてみたいと思います。

 

まず、以前英語圏のランキングサイト「List Dose」
世界がうらやましくなる

世界で最も豊かな国トップ10

というランキングが紹介されました。

なんともステキなネーミングのランキングですが
そのランキングは以下の通りです。

 

▼10位:クウェート
世界トップクラスの石油産出国で世界4位の石油埋蔵量があると言われています。
国民のほとんどが国家公務員もしくは国営企業の社員で
およそ8世帯に1世帯が100万ドル以上の金融資産を保有していると言われています。
立憲君主制をとっているが、実際はサバーハ家が要職を占めているので
実質的には一族独裁の絶対家君主制。

▼9位:スイス
世界でも有名なスイス銀行の本拠地であり
永久中立国としても有名な国ですね。
スイスには世界保健機関(WHO)や国際労働機関(ILO)など
多くの国際機関の本部が置かれています。
やはり銀行業が盛んで、守秘義務に関して国際的に有名なため
世界からお金がどしどし集まるという特徴もあります。
9.5%の世帯が金融資産で100万ドル以上を保有していると言われています。

▼8位:UAE
アブダビ首長国、ドバイ首長国、シャールジャ首長国
アジュマーン首長国、ウンム・アル=カイワイン首長国
フジャイラ首長国、ラアス・アル=ハイマ首長国という
7つの国が連邦国家を形成しており正式名称はアラブ首長国連邦。
GDPの約40%が石油と天然ガスでその最大の輸出先は日本。
石油が圧倒的な主力であるアブダビに対して
ドバイは貿易と工業、金融によって経済成長を成し遂げています。

▼7位:アメリカ
世界一のGDPを誇る経済大国として言わずと知れたアメリカ。
ビル・ゲイツさんなどを筆頭に莫大な個人資産を所有する人も多く
個人でどっかの国買えんじゃないの?って思ってしまいます(笑
グーグルやアップルやマイクロソフトなどのIT関連だけでなく
金融関連、エネルギー関連、工業関連など
あらゆる分野で世界的に影響力を及ぼしています。

▼6位:ブルネイ
最近だんだん有名になってきたアジア南東にあるブルネイです。
主な産業は原油と天然ガスで、現在はオイルマネーによって
金融業や観光業に力を入れています。
税金・医療費・教育費もすべて無料。
立憲君主制とされているが国王の権限が強化されているので
実質的には絶対君主制の国と言えるでしょう。

▼5位:香港
中国の特別行政区なのですがアジア金融の中心地といわれ
世界三大国際金融センターとして有名です。
金融だけでなく、電力や通信等の社会インフラ企業から建設・運輸など
さまざまな業種の大企業があり
およそ11世帯に1世帯が金融資産100万ドル以上を保有し世界有数の密度を誇っています。

▼4位:ノルウェー
世界第6位の原油産出国であり、鉱業、漁業、林業も盛んです。
ノルウェーサーモンって日本でもカナリ有名ですよね~(笑
1人当たりのGDPや平均寿命、就学率、成人識字率ともに世界的に高く
世界で最も男女平等が浸透している国としても知られていますね。

▼3位:シンガポール
マーライオンで有名な観光地としても
ビジネス都市としても有名で
国際競争力がとても強いシンガポールです。
富裕世帯の割合が世界で最も高く
およそ6世帯に1世帯が金融資産100万ドル以上を保有していると言われています。

▼2位:ルクセンブルク
21世紀以降、一人当たりのGDPにおいて
世界首位の座を維持し続けているルクセンブルクです。
重工業・金融業の2分野が主な国内産業になっていますが
情報通信分野でもヨーロッパの中核を担う国です。
所得格差も小さく、失業率が低いというところも大きな特徴。

▼1位:カタール
原油と天然ガスによる経済体制で
輸出の大半が石油・天然ガス及びその関連製品で占められています。
豊かなオイルマネーによって所得税もなく医療費、電気代、電話代が無料。
裕福層も多く7世帯に1世帯が金融資産100万ドル以上を保有していると言われています。

 

こんなカンジなランキングが紹介されていましたが
私は行ったこと無い国ばかりでしたね~。
(アメリカと香港だけ・・・)

こうして見てみると
お金持ちの人が多い国であったり
オイルマネーがあって栄えている国であったりなど
お金がいっぱいあるよ~って感じの国が基準になってるのかな?

マネー画像01

 

な~んて思いながら見ていたんですが

 

やっぱり日本が入ってないですね~(笑

 

日本人はハデにお金持ち!ってイメージって
今はないですからね~。

バブルの頃はすごかったらしいんですが
その後20年くらいず~っとデフレ経済が続いていて
日本のイメージってあまりいいものではなかったのかもしれませんね。

 

ただ・・・

 

お金を持っている、いわゆる負債がない国という視点で見ると
対外純資産世界一の日本ってお金持ちの国じゃあないの!?
って思ってしまうんですがどうでしょう?(笑

 

ちなみに「対外純資産」とは

政府や企業、個人投資家が
海外に持つ資産から負債を差し引いた金額です。

つまり日本が海外から借りているお金よりも
貸しているお金の方が多いってカンジです。

 

2013年末の対外資産負債残高によると、
日本の対外純資産は、前年末比9.7%増の325兆70億円と
財務省から発表されていますので

その時点で日本は1991年以来

 

23年連続世界一の債権国

 

つまり お金持ち国家というワケなんですねー。

日本の画像

 

2014年も対外純資産が減少する要素ってなかったので
おそらく24年連続世界一の債権国となると思います。

 

さてさて

 

世界一お金持ちの国ランキングとはちょっと違うかもしれませんが

アメリカのフューチャーブランド
75か国のブランド評価を実施し
国のブランド力を評価したランキングを発表しています。

 
Sponsored Link


 

企業ブランドと同じく国のブランド力は
消費者行動に影響するという観点からのランキング発表です。

その国別ブランドランキングで

 

日本は1位

 

と発表されていました。

 

回答者が連想した日本のブランドイメージは
「高品質の製品を提供」というブランドイメージが最も多く
「最先端の技術」「医療・教育」「遺産・芸術・文化」など
あらゆる面での評価が高く

回答者の6割以上が日本産の製品を買いたい
と、返答したそうです。

 

ちなみにトップ10の国別ランキングは以下になります。

 

1位 日本
2位 スイス
3位 ドイツ
4位 スウェーデン
5位 カナダ
6位 ノルウェー
7位 アメリカ
8位 オーストラリア
9位 デンマーク
10位 オーストリア

 

2位のスイスのブランドイメージは
「美しさ」「清潔」「安全」などが多く

3位のドイツのブランドイメージは
日本ととてもよく似ていて
「高品質な製品を提供」が最も多かったらしいです。

1位の日本と3位のドイツの結果を見ていると
国のブランドイメージが消費者行動に関連するという視点は
かなり重要だな~って思いますよね!

 

このようなランキングをいろいろ見ていると

 

日本って・・・

 

対外純資産世界一のお金持ち国家で
国のブランドイメージも高いのに
豊かな国とは思われていない

 

というなんだかワケのわからない結果になります。(笑

まあ、ランキングって
どうしても限られた人へのアンケートになるでしょうから
必ずしも全て同じ結果にならないのはわかりますからね~

 

それにしても

数字で出ている対外純資産にしろ
ランキングに出ている日本のブランドイメージにしろ
日本っていろんな方面で結構いい結果って出てるんですけどね~

 

すんごいポテンシャルを感じられませんか?(笑

 

なのにメディアなんかでは

 

日本が借金大国で危ないとか・・
日本企業はもう輸出に対してブランド力がないとか・・

 

なんだか日本ディスりが多いって思うんですよねー。

 

株価が上がっても文句言ってますし・・・

 

株価上がって文句を言われる国って
他にあるんでしょうかねー(笑

 

株価が上がっても中間層には意味がないという意見を聞きますが
株価が上がらずに中間層が裕福になる方法があるならぜひとも知りたいですねー。

その内容を論文に書いて発表したら
おそらくノーベル経済学賞を取れますよ(笑

まあ、その辺はまた詳しく書こうかと思いますが

なんにせよ、数字的にみると日本って世界的一のお金持ちと言ってもいいくらいで
ブランドイメージも高いんですからがんばっていきましょう~ってコトで(笑


Sponsored Link
 

 

このページの先頭へ