お金とは何か?~そもそも論を考える

Sponsored Link
 

お金とは何か?

いろんな意見がありそうですが
今回の視点といたしましては

そもそもお金とはいったい何なのか?

という視点で見ていきたいと思います。

1万円でも5千円でも千円でもいいですので
今あなたの手元にお金があるならじっと眺めてみて下さい。

ちなみに例をあげたのはお札なんですが

結局のところ・・・

 

 

お札画像

 

 

これって紙なんですよね~(笑

 

しかしながら、み~んな欲しいと思っている。

お金を得るために、一生懸命働く人もいれば
人をだまして奪おうとする人もいる。

それ自体は食べれるわけでもないですし
身に着けれるわけでもないんです。

でも、そのお金で食べ物を買うこともできるし
身に着ける物を買うことだってできるんですよね。

 

買い物画像1

バザー画像

 

う~ん

なんだか不思議と思いませんか?

 

だって紙ですよ紙!

 

考えると不思議ですごいな~って思うんですよね。

我が国の日本では日本円が「お金」として通用していて
今では多くの海外でも円のまま使用できる状況です。

つまり

 

「円というモノでいろんなもが買える」

 

と、みんなが信用し、ちゃんと買うことができるという
きちんとした実績があるからなんですねー。

ですので、たくさんの人の信用が
お金そのものの「価値」として成り立ってるという事になります。

似たようなモノとして「商品券」なんかもありますね。

商品券については、あるお店でのみ使えるものや
一定の商店街のみで使用できるものなどさまざまあります。

それは

「この店では使えるという信用と実績」

があるからこそ価値があるわけで

もし

「この商品券あの店で使えるよ」

と言って貰ったとしても

実際は使えないものだったとしたら
ただの紙切れになってしまうでしょう?(笑

 

お金だって同じです

みんなが信用してるから
実際にいろんなものが買えるんですよね~。

 

さて、お金とは?なんて考えていると
かなり便利で素晴らしい人類の英知だと感慨します。

なぜなら

大昔、まだお金というモノがない時は
基本的には物々交換が基本であった事はご存じだと思いますが

物々交換ってカナリ大変ですよ~(汗

仮に自分が魚を採っている漁師だとして

お米が欲しいと思ったら
お米を売っているところに
自分が採った魚を持って行って交換

野菜が欲しいと思ったら
野菜を売っている所に魚を持って行って交換。。

さらに衣服が欲しいと思った場合でも
 衣服を打っている所に魚を持って行って交換。。。

また、何かいるかもしれないから
魚を常にストックしておかないといけない。。。。

運ぶのもすごい荷物になって手間ですし
ぶっちゃけ思った通りに交換できるかどうかもわからないですし
魚の保存だっていつまでもできるわけがないでしょう?

 

でも「お金」というモノがあれば

採れた魚をお金と交換しておけば
いつまででも保存することができるので

何か欲しい時に魚を持ち運ぶ重労働もなく
魚を常にストックする必要もありません。

もし、お米が欲しくなったら
お米を買うことのできるお金を貯めて
さくっと持って行って買えばいいだけです。

 

便利ですよね~♪

 

ここでは、すごく基本的な視点でお話ししていますが

お金というモノが存在したおかげで
人類の文明が素晴らしく発展していったという歴史的事実もうなずけます。

ちなみに一定の品物にどれだけお金がいるのか?
というのは、やはり購入する人の考え方と価値観が決定的だと思っています。

 

たとえば

私もとっても大好き「うまい棒」♪

うまい棒は10円ですが

もし、「うまい棒 めんたい味」が
後年間100本しか生産できなくなったとしたら

めんたい味が好きで好きでたまらない人なら
基本価格が10円のままだとしても
50円でも100円でも1000円でも欲しいと思うかもしれません。

 

私なら買います!(笑

 

つまり信用のある品物で希少なものは手に入りにくいので
どんどんお金の値段も高くなってくるという事になります。

これってめんたい味の値段が上がり、価値が上がったという見方と
めんたい味に対するお金の価値が下がったという見方ができます。

逆にうまい棒がかなりマズかったとしたら・・・

 

1円でもいらねーよ!

 

と、なるかもしれませんよね~

これはめんたい味の価値が下がったという見方と
めんたい味に対するお金の価値が上がったという見方ができます。

 

すごく単純的な例ですが
投資や投機もこの視点ってすごく重要です。

 

一般の人がいろんなモノに対して
どのような価値観をもっているのか?

 

こんな視点やアンテナを立てていると
自然と経済の流れが分かってくるかもです♪

 

ちょっと話はそれましたが

結局お金が価値あるモノとして流通するには
発行している国に信用があるかどうかという点が大きいでしょう。

みんな日本銀行が発行する日本銀行券を信用しているから
毎日当たり前のようにお金を使っていろんな物を購入しているんですよねー。

いやー何というか
ある意味「紙」なのにこの信用ってすごいですよね。

これって日本のお金の歴史を見ていると
とても面白くお金というものを学ぶことができますので
今後はお金の歴史なんかも紹介していこうと思っています☆


Sponsored Link
 

 

このページの先頭へ