消費税増税10%は決定か延期か凍結か減税か?その判断はいつわかる

Sponsored Link
 

2017年4月に予定されている消費税10%への増税。

安倍首相は決定と言い続けていますが
メディアでは延期論がささやかれ
中には凍結や減税という声も聞かれてきました。

安倍首相も最終的には政治判断との発言もあり
はたしてどのような決定判断になるのか?

そして消費税10%増税の
決定・延期・凍結・減税はいつわかるのか?

やっぱり日本の将来を占う重要事項なので
かなり気になるところですよね。

 

あくまで個人的な意見になりますが
ちまたでも格差の問題についていろいろ情報があるのですが
消費税の増税って格差社会を生む大きな原因になると考えています。

単純に考えても消費増税は
年収が低い人の「衣・食・住」という
最低限生活に必要な費用に大打撃を受けます。

場合によっては生活そのものが困難になる可能性すらあるのです。

しかし高所得の人の場合
「衣・食・住」というよりも
ある意味、贅沢品を抑えれば生活に問題はありません

つまり、現在収入が低い人は
自己投資したくても「衣・食・住」で手一杯のため
その後のチャンスすら失う事になりかねませんよね。

悩む人画像

 

現在、雇用は増えてきた状況ではありますが
まだちゃんとした経済回復はできていませんし
デフレ脱却だってできていません。

国民がますます貧困に陥る可能性が十分にある中
消費増税ってなんだそりゃってカンジですよ。

財政再建を増税でまかなおうとすると
経済が悪くなるのは今までの流れを見ていればわかると思うのですが
なぜかそれを絶対に実行しようとするんですよねー。

 

「財政赤字を未来の子供たちに背負わせないため」

 

などという発言もよく耳にしますが

消費税って

 

未来の子供たちもずっと背負うんですが・・・

 

財政再建という縛られた固定概念で
将来的にずーっと高い税金を払い続けることになるんですよ。

そんなコトしてると経済状況が悪くなりますので
さらに財政悪化を招く結果になっちゃいますよ。

でもって

 

また財政再建を理由に増税・・・

 

まさにアリジゴク状態!

 

そんなおかしな流れを食い止めるためにも
2017年4月の消費増税は絶対に食い止めなければダメですよね。

安倍首相はノーベル経済学者の
スティグリッツ教授やグルーグマン教授など
経済に明るい有識者を海外から招いて意見を聞いているので
今回の消費増税は見送られる可能性が高いと思います。

 

ただねぇー

見送りじゃー意味ないと思うんですよ。

 
Sponsored Link


 

2014年4月からの8%消費増税以降
消費の落ち込みが激しく
まだ回復していない状態なんですから。

例えばまた1年半くらい延期したとしてもですよ
どうせすぐに消費増税が来るんだよなーって思って
みんなお金使わないですよぇ~?

延期じゃ経済回復につながらないという
ちゃんとした結果が出てるワケですよ。

 

さらにはダブル選挙の話がありますが
増税延期するたびに総選挙ってやる必要があるんでしょうか?

 

過去2014年12月に2015年10月に予定されていた
消費税10%への増税を延期を国民に問うという形で
解散総選挙が行われましたよね。

その時も個人的にはなんだか腑に落ちない感覚があったのですが
今回の消費増税延期やダブル選挙報道などを聞いていると
その腑に落ちない理由がわかったんです。

そもそもですよ
消費増税って国民生活に大きく関わるものですから

 

増税する時に国民に聞くべきじゃね?

 

って思うんですよ。

つまり

 

増税決定は国民に問う事なく総選挙をせず

増税延期の時には国民に問うため総選挙する

 

という
なんだかおかしなロジックになっちゃってるんですよね。

今回、延期や凍結を理由にダブル選を行ったとすると

今後は国民に問う事なく増税は決定できるが
延期のたびに総選挙しなければならくなるという
ワケの分からないロジックが確定しちゃうんですよ。

どー考えてもおかしいと思いますよねー。

 

ただ、これが消費税の減税であれば
総選挙してもいーのでは?と個人的には思っています。

だって消費税の減税って国民生活に関わる事ですから。

 

あくまで個人的な意見になりますが

国民の生活に大きく関わる消費税増税や減税の場合は
国民に問う必要があるため総選挙すべきだと思うのですが

延期の場合は大きく経済が変わるわけではないので
総選挙なんてする必要はないんじゃね?という視点です。

とにかく8%になってから消費の落ち込みがひどくて
今の今までデフレ脱却もできてないんですから
増税は論外で延期や凍結でなく5%への減税が必要でしょう!

 

ですので我々一般国民からすると・・・

 

消費税増税・・・ (`Д´)っ ゴルァ!

消費税延期・・・ (゜Д゜) ハァ?

消費税凍結・・・ (-ω-;) ウーン

消費税減税・・・ (゚∀゚) ナイス!

 

こんなカンジですよねー。

 

また、仮に5%の減税が実現できると

経済状況が悪い時には国民に問い
消費税を減税することができるという
素晴らしい前例ができるワケですからね♪

 

さて消費税の増税・延期・凍結・減税の決定は
G7伊勢志摩サミット前後になるだろうという意見が多いですが
そうなる可能性が高いと思ってます。

伊勢志摩サミット画像
 三重県ホームページより流用
http://mie.summit-net.jp/

 

ですので5月末には明らかになるという事になりそうです。

各国首脳が集まる大きな会議の時に
世界に対して日本の立ち位置を明確にさせる絶好の機会ですからねー。

日本はまともな経済政策ができる国になったんだぞーって
アピールしてほしいものです(笑

 

さて、最近では延期や凍結でなく
消費税減税の声も聞かれるようになりましたが
政治的に難しいという意見も多く聞かれます。

それを聞いていつも思うのですが

 

政治的って何?

 

国民を苦しめる増税は政治的に簡単で
国民を救うことになる減税は難しいってコトでしょうか?

一般国民としてわかりにくいんで
もうちょっと詳細に教えてもらいたいですね~。

もし財政再建のために増税は必要で
減税なんてすると税収が下がって財政再建できない
という政治的な考えであるならば

財政再建のために税収を上げるには
増税でなく増収という考えを基本にしてほしいものです。

 

経済成長=税収アップ(増収)

 

これを基本ベースに考えると
国民の消費が著しく落ち込む
消費増税なんて結論にならないと思うのですが。。。

もっと何か深い理由があるのかなー?

 

さて

日本の運命を左右する消費税はどうなるのか?

おそらく5月末には結果が分かると思いますが
それまでの動きもしっかり注目していきましょうね~。


Sponsored Link
 

 

このページの先頭へ