安倍総理は熊本震災があっても消費税10%決断を考えているのか

Sponsored Link
 

熊本地震は5日たった今でも大きな余震が続き
被災者の方々の健康不良の報道等も聞かれるようになってきました。

私たちにできることは
まず普段どおりの経済活動を行うこと。

自粛したい気持ちはもちろんあるのですが
いつもの経済活動を行うことで
経済がまわって結果的に被災地の援助につながります。

そして、被災された地域の方々に
できるだけ支援する行動だと考えています。

 

⇒ 熊本地震 私たちにできること

にも記載しましたが
自分の思い込みで行動を起こさずに
地域の要請状況を確認しながら支援活動を行いましょうね。

被災された地域は今も今後も
たくさんのお金が必要になるのは当然ですので
個人的には義援金を行っております。

ただ、募金詐欺やほぼ詐欺だろ!というような
おかしな募金活動もあるようですので
やっぱり熊本県に直接寄付が一番有効だと考えています。

 

そんな中、安倍総理は
2016年4月18日の衆院TPP特別委員会で
17年4月の消費税率10%への引き上げについて予定通り行う考えを示した
という内容の報道がありました。

 

おおさか維新の会の下地幹郎氏が
いくつかの質問の中で消費増税についても触れました。

下地さん画像

その下地幹郎氏の質問に対し安倍総理は

 

「今までも申し上げているように
リーマン・ショック級あるいは大震災級の事態にならない限り
消費税は予定どおり引き上げていくという基本的な考え方に変わりはない」

 

安倍総理の画像

という従来の答弁を繰り返したとされています。

うーん

なんというか・・・

 

 

すんごい大震災なんですけど

 

 

こんなに大きな揺れが
何度も続く地震なんて今まで経験したことが無く
専門家も驚いている程の地震現象なんですよー。

まさか安倍総理が今回の熊本・大分の震災を
大震災だと思っていないワケないですよねー?

 

という事は

言葉の裏を返せば
大震災が起こったので消費税は増税しないという事なのかな?

 

このような大震災が起こった時って
国が大きく財政出動し、被災地や被災者が
一刻も早くいつもの日常を取り戻す事を第一とし

被災地以外の国民の経済活動が
できるだけ鈍らないように政策をたてないと
日本全体の景気がさらに減速する可能性があります。

 

まさかと思いますが

震災のドサクサにまぎれて
消費増税を決定した前 民主党政権(現 民進党)のような
トンデモ行動を起こすなんて事はないですよね~!?

 

まさかと思いますが

復興特別税の増額なんて
ワケのわからないコトしないですよね~!?

 

そんな事になると
ただでさえ自粛ムードもある中
さらに消費を落ち込ませる原因になっちゃいますよ。。。

 

このような非常事態でみんなあまりお金を使えない時は
国にばーんとお金を使ってもらわないと誰がお金を使うんですか~?

 

日本は破たんしないんですから
復興国債でもばば~んと発行して
早急に順調な経済活動ができるようにしていただきたい!

 

・・・と

いち国民として願っております。

 

東日本大震災の復旧がまだまだなうえ
これほどの大震災が起こったのですから
消費税10%増税なんてしてる場合じゃないですよね。

安倍総理には消費税の延期・凍結ではなく
がんばって消費税減税までお願いしたいものです。


Sponsored Link
 

 

このページの先頭へ