アベノミクスは失敗?その原因は?それとも成功しているのか

Sponsored Link
 

アベノミクスは失敗なのか?成功なのか?

なーんて議論がいろいろされていますが
はたしてアベノミクスは失敗しているのでしょうか?

政府発表では緩やかな景気回復という表現をしているのに
一般的にはまだ生活が楽になってきたという実感ってそんなに感じないなあー

なーんて感じている方も多いと思います。

 

アベノミクスはデフレを脱却して
強い経済を目指すというものでした。

そもそも経済状況がよくならないと
一般国民は衣食住の基本生活だけで苦しいワケですから
余裕をもってお金を使うコトってできないのは当然です。

一般国民が安心してお金を使える経済状況でないと
すーぐにデフレ地獄に陥ってしまいますからね(苦

 

さて、一般国民が余裕をもってお金を使えるようになるには
やっぱりデフレ脱却と景気回復が第一ですから
アベノミクスの目指す経済は正しいものだと考えられます。

ただ、なんだかいい経済になっていないよーって
感じられるのも事実です。

 

そんなワケで
アベノミクスって失敗?成功?
失敗なら原因はなんだったのか?

とゆーところを考えてみたいのですが

個人的に安倍首相には

 

アベノミクスは失敗したと言ってもらいたい

 

と願っているんですねー。

今回その理由を説明していきますね。

 

abeshushou

さて、2012年12月の選挙で
民主党(現民進党)から自民党に政権が移った後
アベノミクス3本の矢が発表されました。

現在では新3本の矢が発表されていますが
旧3本の矢がベースでの政策になってます。

アベノミクス3本の矢とは

 

「大胆な金融政策」

「機動的な財政政策」

「民間投資を喚起する成長戦略」

 

というもので
デフレを脱却し強い経済を目指すという内容になっています。

アベノミクスが失敗したのかどうかを語るには
以上の3本の矢がきちんと実行されているかどうかに
注目すべきだと思うんですよ。

ちゃんと実行されてないのに
失敗かどーかなんてわからないですからねー。

そんなワケでこの3本の矢が
きちんと実行されてきたのかどうかを見てみましょう。

 

▼第一の矢 大胆な金融政策
金融政策については実行されていると感じています。

タイミングや内容に賛否はありますが
「黒田バズーカ」と呼ばれる金融緩和や
日本初のマイナス金利政策であったり
文字通り大胆な金融政策を行ってますよね。

円高デフレ政策を行っていた以前の日銀に比べると
見違えるようにデフレ脱却に向けて金融政策を行ってくれているので
今後もこの調子でお願いしたいところです。

がんばれ~日本銀行~♪

 

▼第二の矢 機動的な財政政策
第二の矢の首相官邸の説明では

約10兆円規模の経済対策予算によって
政府が自ら率先して需要を創出

とあるのですが

いわゆる公共事業などに対して大幅な財政出動を行い
政府が需要を作っていくというものです。

公共事業と聞くと
無駄でただのバラマキで
「悪」だと考えている人もいるようですが

そんなコトないですからね~(笑

道路や鉄道など将来的に必要なインフラ整備など
大切な公共事業ってたくさんあるものです。

問題はそのインフラや技術が
将来的にしっかり活用されて
地域や国民にとってメリットがあるかどうかがなんですね。

 

過去には「○○館」とかよくわからないモノを
数億~数十億円使って作ったはいいが
その後全く活用されず赤字たれながし経営・・

などという話も聞いたことがあると思います。

そのような公共事業はムダといえるでしょう。

しかし、必要な道路や鉄道、防災など
将来的に必要なインフラ整備や技術への投資に関しては
積極的に財政をつけていくのは重要であり当然だと思うんですよね。

その積極的な財政出動がアベノミクスの第二の矢なのですが

 

これ、できてないですよねー(汗

 

2013年度は10兆円規模の予算をつけていたのですが
2014年度以降はなぜか緊縮財政に方向転換しちゃってます。

2014年4月の8%への消費増税も実質的に緊縮財政ですからねぇー。

それに加えてなぜか予算も5兆程度の規模。

 

あれ?
機動的な財政政策はどーなったの?

 

って疑問に思ってしまうのは当然でしょう。

 

金融政策や財政政策については
以前の記事

⇒デフレとは

でも書かせていただきましたが

やはり消費増税がかなりのダメージになっていることは
間違いないと言えるのではないでしょうか。

デフレ時での消費増税は
極端に消費の落ち込みをまねく事がハッキリしました。
(当然ですが・・・)

どーんと機動的に財政出動するはずが
ガツンと緊縮財政しちゃってるんですから
第二の矢はきちんと実行しているとは言えません。

安倍首相!当初のご発言通りに
ちゃんと財政出動してください!(笑

って言いたくなりますよね~。

というワケで、第二の矢は
はじめにちょっと放たれただけで
ちゃんと実行されていないってコトになります。

 

▼第三の矢 民間投資を喚起する成長戦略
成長戦略って簡単に言いかえると
成長する分野にお金を投資するという事ですが
これってムツカシイですよねー。

何が将来的に成長するのか分かってたら
儲かってしゃーないでしょうから(笑

とは言うものの、国として技術に対しての投資は必要です。

安倍首相も当初は

再生医療やスーパーコンピューター
宇宙開発などの技術開発に投資・・・

という発言もされていましたが
これってとっても重要だと私も思ってるんです。

でも財政緊縮してたらできないっすよねー(汗

また

いよいよ電力自由化が始まりますが
これも成長戦略のひとつに挙げられていました。

ただ電力需要って将来的に大きな見込みがあるわけでなく
結局は顧客の奪い合いになるだけですので
これは成長とは言えないのでは?と考えられます。

そもそも電力インフラのような
一般生活や経済活動に必需なものを自由化しすぎて
安定供給ちゃんとできるのか?という不安もあります。

将来的に発送電分離なんてしちゃうと
停電なんて起こった時にだれが責任とるんだろ?

長期停電や供給不安定なんて起こりまくってたら
恐ろしーほどの経済損失を生むかも・・・

その辺のリスク回避や責任を明確にしてほしーですねー。

 

さらには、外国人の雇用を積極的に行うとの事ですが
やっと最近になって国内で雇用状況が良くなりつつある所で

安易に外国人雇用を増やすと
また賃金も上がらず、失業者も増えて
恐怖のデフレにもどっちゃいますよー

なんて思っちゃうんですよね。

また、景気がいい時に安易に外国人雇用をし
もし景気が悪くなったらどうするのでしょうか?

外国人をリストラして
リストラされた外国人は生活保護ですか?

でもってまた社会保障費が足りないから

 

増税

 

なんてトンデモ発想になるんじゃないですかぁ~?

などなどいろんな問題があると思うのですがどうでしょう?

 

そもそもですねー
成長戦略ってなんのために行うのか?

という視点が必要だと思うんですよ。

 

まず、国民生活の向上と将来の国民のため
技術開発などに投資すべきだって思うんですよ。

日本は技術力が高く日本人はまじめだと世界に言われるのは
先人が作り上げてくれた資産と言えます。

それをただ我々が食いつぶしていくことがないよう
将来の日本国民のために有意義な投資を目的に
国を背負う方々には成長戦略としてお願いしたいですね。

なんにせよ、先ほども言いましたが
技術開発に投資しようにも緊縮財政してちゃあどうしようもありません。

とゆーわけで
第三の矢もちゃんと実行されているとは言えないのではないでしょうか。

 

このように振り返ってみると

 

「大胆な金融政策」は実行されていて

「機動的な財政政策」は実行されておらず

「民間投資を喚起する成長戦略」もイマイチ

 

という結論になりますが
結局、金融政策しかやってないってコトですよね~。

ですので

ちゃんと実行してないのに
アベノミクスの失敗も成功もないんじゃないの?

 

なーんて考えるのは私だけでしょうか(笑

 

ただ、アベノミクスは失敗だ!という声や
安倍政権になって国民が苦しんでる!なんて声も聞こえていますが

その基準ってどこにあるんだろうなーって思うんですよ。

 

だって

 

雇用増えてますよ♪
↓ ↓ ↓
situgyou201602

▼総務省統計局より
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/

上記のとおり、3月29日に発表された
総務省統計局によりますと

 

(1)就業者数,雇用者数
就業者数は6351万人。前年同月に比べ29万人の増加。15か月連続の増加
雇用者数は5684万人。前年同月に比べ89万人の増加。38か月連続の増加

(2)完全失業者
完全失業者数は213万人。前年同月に比べ13万人の減少。69か月連続の減少

(3)完全失業率
完全失業率(季節調整値)は3.3%。前月に比べ0.1ポイント上昇

 

となっております。

ちなみに完全失業者数と完全失業率についてですが
この指標ってあんまりあてにならないんですよね。

簡単に言いますと

働く意思があるのに
調査期間中に仕事に就くことができなかった人が
完全失業者となります。

そして、完全失業者と就業者の合計を労働人口といい
労働力人口に占める完全失業者の割合を示す経済指標が
完全失業率となっています。

働く意思ってところがなんだか曖昧で

去年は働くつもりはなかったけど
今年は働く意思が出てきて仕事を探したにもかかわらず
調査期間中に仕事に就けなかった人は完全失業者となりますし

健康でも仕事探しをあきらめた人などは失業者に含まれないんですよ。

ですので、失業率はもっと高いと言われてますし
潜在的な雇用人口はもっと多いとも言われています。

ある意味いい加減なんですね・・・

まあ、完全に把握するのって不可能に近いかもしれませんが(笑

あくまで参考として見ておくものでしょうね。

ですので個人的には
就業者数と雇用者数に注目しています。

 

特に雇用者数

 

雇用者数の増加は
新たに仕事に就けた人がどれだけいるのかという事ですから
積極的に企業が人を求めているという事になります。

仕事を探している人が仕事に就けるって
景気回復の兆しのひとつとして大切なことですからね♪

雇用者数は5684万人。前年同月に比べ89万人の増加。38か月連続の増加

ですから、安倍政権になって雇用が増え
経済が回復してきている兆しがあるとも考えられますよね。

でもって

 

平成27年度は正社員数も増えていますよ
↓ ↓ ↓
seishaingazou

▼厚生労働省【正規雇用と非正規雇用労働者の推移】より
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11650000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu/0000103648.pdf

上記のように雇用が増えて
非正規雇用はもちろん正規雇用の増加もみられました。

また、新卒採用は売り手市場とも言われていて
かなりイイ感じになってると思われます。

例えば、ある会社は1年目冬のボーナス支給時に在籍していると
奨学金の肩代わりとして最高100万円まで支給するという
「奨学金返済支援制度」を開始した会社まであったりなど。

企業が積極的に人材確保に動く兆しが感じられますよね。

さらには

 

自殺者数も減ってきてますよ!
↓ ↓ ↓
jisatusha201602

▼警察庁の自殺統計に基づく自殺者数の推移等(平成28年2月まで)より
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/toukei/pdf/saishin.pdf

平成27年度には25000人をきって24025人となっています。

まだまだ24000人以上も自殺者がいるという
悲しい現実があるわけですが
ここ数年で大きく数が減っていることには注目しています。

自ら命を絶つ理由はさまざまですが
不況の時は、生活苦によって
将来の希望が持てず命を絶つ方もおられます。

その点、自殺者数が減り続けているという事は
将来に希望が持てる兆しがでてきているのでは?
という考え方もできると思うんですよね。

 

このようにみてみると
雇用も増えて、正社員も増えて、自殺者が減ってるのに
国民を苦しめてる政治って言い過ぎじゃないでしょうかね?

 

ただ・・・

 

2015年10~12月期のGDP成長率は

実質GDP-0.3%
名目GDP-0.2%

とマイナス成長なんですよねぇ。。。

▼内閣 府国民経済計算(GDP統計)より
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/menu.html

 

この調子では
2016年1~3月期もおそらく良い数字は期待できそうにありません。

 

さらに実質消費支出も問題です。
↓ ↓ ↓
jissitushouhi02

▼総務省統計局家計調査報告(平成28年2月分速報)より
http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/pdf/fies_mr.pdf

実質で前年同月比1.2%増加になっていますが
これはうるう年効果のためなんですよね。

今年の2月って29日まであったから
前年よりも1日多かったわけなんです。

うるう年効果を除いた消費支出は
前年比実質1.5%減になってしまうらしいので
なんと6か月連続対前年比マイナス消費という結果なんですね。

国民の消費がこんなに落ち込んじゃうと
また恐怖のデフレ不況に落ちちゃいますよ~(ToT)

 

こんなカンジで消費も経済成長率もよくない状況ですから
アベノミクスの失敗だー!
と言われるのも納得なだって部分ってあるでしょう。

つまりですねぇ

 

アベノミクス批判をする人は
消費やGDPなどの悪い数字だけを持ってきて批判し

ゆるやかに経済は回復していると発表している政府は
雇用や昇給などの良い数字だけを持ってきてるってコトなんですよね。

 

先ほど記載しましたが
アベノミクス3本の矢って
ちゃんと実行されていないわけなんですよ。

言い換えれば金融政策のみ
雇用や昇給に影響を与えたってことになります。

 

ただ2014年以降、緊縮財政に舵をきったために
経済成長率は不振になり、国民の消費も低下してしまった
という見方ができると思うんです。

 

とくに消費税!

 

先ほどの表を見てもらえれば分かると思いますが

jissitushouhi02

▼総務省統計局家計調査報告(平成28年2月分速報)より
http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/pdf/fies_mr.pdf

消費増税を実施した2014年4月以降
著しく消費の低下をまねき
さらに回復の兆しがまだ見えてこない状況になっちゃってます。

あきらかにデフレ時の消費増税は
経済にカナリの悪影響を及ぼすってはっきりと出ちゃったんですね。

 

さて、ここで8%に増税が決定した時のことを
すこし振り返ってみたいと思います。

 

2014年4月の8%消費増税については

2013年8月に60人の有識者から
「集中点検会合」として政府は増税すべきかどうかの意見を聞きました。

その結果有識者の7割が賛成という結果になり
多くの国民も8%への消費増税を支持していました。

つまり日本全体で8%への消費増税やむなし
という判断になってしまっていたんですよね。。。

 

また、消費増税直後は経済にダメージがあるが
徐々に回復するという意見も多く聞かれていました。

その結果、安倍首相は8%の消費増税を決定したわけですが
その後、思った以上に回復が進まないんですよね。

そんな中

2015年10月には消費増税10%が控えているため
2014年11月に有識者会合が開かれ
有識者の6割が消費増税10%に賛成という結果になりました。

ちなみに世論調査では6割~7割の国民が
10%増税に反対という結果だったと思います。

ここにきて有識者と国民の意見が割れたんですねー。

 

でもってノーベル経済学賞を受賞したアメリカの経済学者
ポール・クルーグマン教授を招き意見を聞くわけです。

クルーグマン教授は消費増税反対の意見でありました。

 

そして2015年10月予定の10%消費増税予定を
2017年4月に延期するという内容で解散総選挙を行い
現在(2016年3月末)に至るという流れです。

 

また、今年3月には
経済学の世界的権威であるジョセフ・スティグリッツ教授
再びポール・クルーグマン教授らと相次いで会談。

ノーベル経済学賞を受賞している2名の教授は共に
今消費税を上げる時ではないという意見を出しています。

ちなみに世論調査では
約6割の国民が反対だという結果が出ている状況のようです。

 

このような流れからか急速に増税延期論や
ダブル選挙などの話が多く聞かれるようになってきましたよね。

安倍首相は今でも増税延期を否定していますが
多くのメディアでも増税延期は確実!
なーんて見出しもよく見られるようになってきました。

 

さて、何度も言いますが
2014年4月の8%への消費増税以降
消費の落ち込みも経済成長もヒドいもんです。。。

 

ってなワケでまとめますと

 

2014年4月の8%への消費増税は
多くの有識者や国民の意見を聞き実施したものの
有識者の言うような消費の回復は
10%の増税を延期した現在でも見込まれず

さらに意見を聞き緊縮財政に切り替えたところ
強い経済の兆しも見えなくなってるってコトですよ。

 

つまり、消費増税と緊縮財政が
アベノミクスを進める上で足かせになっていると考えられます。

ですので

 

今までのアベノミクスは失敗だ!

原因は消費増税と緊縮財政だ!

消費税を5%に減税し
文字通り機動的な財政出動を行うことにする!

 

・・・って安倍首相に言っていただきたいんですよね~

 

安倍首相って・・・

 

おめーらが増税して緊縮財政でイケるって言ったから
信用してやってみたら全然ダメじゃねーか!?

 

って思わないんですかねー(笑

ひょっとして思ってるから
スティグリッツ教授やクルーグマン教授に意見を聞いてるのかな・・・?(^^;

まあ、なんにせよ

 

減税っすよ減税!

 

2014年4月の8%増税の影響が
今の今まで続いてるんですからね~

延期なんて論外で凍結でも8%のままだと
デフレ脱却するには相当時間がかかるでしょう。。。

そんなワケで

今までのアベノミクスは実質的に失敗ですが
成功なのかどうかを正しく知るためには
減税と財政出動が必要だ~ってコトですね♪


Sponsored Link
 

 

このページの先頭へ