4月の黒田バズーカ逆噴射 今後日本経済の影響

Sponsored Link
 

2016年4月27日・28日に金融政策決定会合が開かれ
金融政策の現状維持が決定されました。

緩和を期待していたマーケットとはうらはらに
黒田バズーカ逆噴射っぽくなっちゃいましたね~。

そうなると今後の日本経済への影響って
どうなってくんだろーってやっぱ気になりますよね~

円と画面の画像

 

黒田バズーカ逆噴射の影響と日銀の思惑

日銀黒田総裁の会見では

マイナス金利の深堀を視野に入れつつ
追加緩和の可能性も示唆しつつ
金融面においては政策効果が現れているとの事でした。

黒田総裁画像01

ただ

マーケットでは追加緩和の期待が高かったため
いわゆる現状維持という日銀の発表後に
大きく円高に振れ 日経平均は600円以上値下がりしましたね。

29日、日本は祝日だったので
日本のマーケットは開かれていませんでしたが
円は週末に106円台まで上昇しました。

週明けにはさらに株価の下落が予想されますよね~。

 

結果的に現状維持で追加緩和を行わなかった日銀ですが
まさしく黒田バズーカの逆噴射となって
マーケットが激しく動くきっかけとなりました。

 

この日銀の決定に対して

 

もう日銀は打つ手が無いのだとか
銀行に対する喝だとか
黒田総裁は天邪鬼だ(笑 とか

 

いろいろな話を耳にしますが
ある意味すべて合っているように感じますね~。

まず日銀はもう打つ手が無いという意見ですが
基本的に金融政策はマーケットに合わせて
決定するものではありませんからね。

 

アベノミクスは失敗?

でもお話しましたが
財政政策が緊縮財政路線を走っているため
アベノミクスは金融政策しか行っていない状況です。

 

日銀的には追加緩和の施行も
やろうと思ったら可能ではあるはずです。

ただ、これ以上金融政策のみを推し進めるだけでは
日本経済がよくなるワケがありません。

積極的な財政出動が必要という視点で
現状、日銀は打つ手は打っており
その効果は表れているという姿勢が伺えます。

熊本地震関連も含めて
ホントどど~んと財政出動を期待したいところですね。

 

また、銀行に対する喝だという意見も聞かれます。

正直、記者会見を見ていても
銀行側の立場に立った質問が多いな~とも感じました。

そもそも

マイナス金利導入前って
銀行は準備預金(日銀当座預金)により
0.1%の付利を得ていました。

これって悪い言い方をすれば
日銀当座預金に預けてるだけで
何もせずにおこずかいをもらってる状態です。

日銀が民間金融機関に支払っていたその金利は
年間2000億円以上にもなっていました。

 

でっかいおこずかいですよね~

 

マイナス金利導入と言っても
これまで預けていた分はほぼ全額
今までとおりの同様の金利がついてます。

新たに日銀当座預金に預けたお金に対し
手数料的に0.1%を日銀に支払うというものです。

 

もう一度言いますが

 

これまで預けていた分はほぼ全額
今までとおりの同様の金利がついてます

 

つまり

ゆるめのマイナス金利導入だったにもかかわらず
銀行は普通預金の金利を引き下げたり
もう銀行はタイヘンなんだ~という姿勢を前面に打ち出してます。

 

今まで十分稼いできたのにねぇ~(笑

 

金融機関にちょっとリスクとるようにしてよ~
という日銀の姿勢に猛反発してるってコトですね。

少し前に日銀が金融機関への貸し出しについても
マイナス金利を適用するという報道もありましたが

これって日銀が金融機関にまたおこずかいを・・・
ってコトになっちゃいますよね~(汗

 

そもそも

銀行の基本的な役割は
我々国民から預かった預金を
リスクを負って民間に投資して利益を得て
さらに経済活動を加速させるものだと考えられます。

決して日銀に預けているだけで
お金を増やしていく役目ではないはずですよねー。

そんな銀行の姿勢に対して
現状維持というカタチをとって

 

もっとリスクを負え!

 

という日銀の喝だという見方もあるかもしれません。

 

民間企業の貸し出しが無いという意見もありますが
お金を貸してほしい企業はたーんとあります(笑

企業戦略が無くて貸せないというのは
あくまで銀行視点ですので
貸し出さない銀行に不満を感じている企業もあるでしょう。

その銀行視点を緩和してリスクを負うように
日銀が喝をいれているとも受け取れます。

 

過去、バブル後の不良債権処理等
リスクを負うコトに嫌悪感があるのはよく分かりますが

日本経済回復のためにも
銀行さまにはがんばってリスクを負った運営をお願いしたいと
いち国民として思っておるところであります。

 

次に黒田総裁は天邪鬼(あまのじゃく)なため
市場が期待している反対の行動をとるという噂を聞きます。

たしかに過去を振り返ると
油断している時に大きな金融政策を打ってきてますよね。

そう考えると黒田総裁が天邪鬼だっていう意見もうなずけますね(笑

 

じゃあ

もう日銀は打つ手なしだという雰囲気になれば
どどーんと驚きの金融政策を打ってくるのかな?

なーんて思ってしまいますよね。

 

さて次回の日銀会合は6月になります。

5月には伊勢志摩サミットがあり
世界経済の不振が議題にあることもあり
日本は何かしらの財政政策を打ってくるでしょう。

まさかとは思いますが

 

消費増税なんてしないですよねー

 

熊本地震もあり
大きな財政出動が必要な時に
まさか消費増税なんてコトはしないと思いますが

なんにせよ

5月はかなり注目ですね

今後の日本経済のカギを握ってる月だと言えるでしょう。

 

ちなみ話はちょっとズレますが

FXトレードでは
円が上がろうが下がろうがマーケットに従って利益を得るため
今回の黒田バズーカ逆噴射でもオイシクいただきました。

ただ、どうせなら日本経済に明るい兆しを見ながら
気分よくトレードしたいものですので
日本を背負う方々には
ぜひともがんばっていただきたいものですね。


Sponsored Link
 

 

このページの先頭へ