低年収時代のお金の貯め方を考えよう

Sponsored Link
 

低年収時代のお金の貯め方・・・
あまりいい響きではないですよね。

やっぱり「低年収時代」という言葉が
ネガティブな発想をさせるのでしょうか?

確かに低年収時代という表現は
今の日本経済に合っているかもしれません。

ただ、景気というものは
まさしく文字通りのもので

『景』という字は

「ひかり」とも「かげ」とも読め

「ひかり」も「かげ」もその『気』分次第で

 

景気

 

となるのです。

つまり、気分次第でお金もよく動くようになって
景気もよくなるという事ですね!

ダメだと思ってたら景気も悪くなるし
景気がよくなるぞ!って思ってたらよくなるんです。

マジですよ(笑

 

NA0907_STRE_L2

 

おっと

今回は景気の話ではありませんでしたね。。。

低所得時代のお金の貯め方についてでした。

さて、低所得時代のお金の貯め方の基本としては

以前⇒ このページ>>

でも書かせてもらいましたが

使わない!

はたらく!

貯蓄!

を、一番はじめにやるべき事でしょう。

ちなみに

お金を使う暇がないほど働く

という事がかなり大切な部分なのです。

働きまくれっていう意見は
聞き方によってはヒドい言い方かもしれませんが

お金というものは不思議なもので
ある程度貯まってそれを投資などで回していくと
どんどん増えていくんです。

ようは、その投資ができる金額まで
短い期間でどうすれば貯まるのかを考えるわけですよ。

悪い言い方ですが、低所得であるのなら
さらに何かしらの収入が無いと
全くもってどうしようもありませんからね。

また、お金を貯める事だけに固視するのはやめましょう。

お金ってただ貯めてるだけでは全く意味がなく
むしろ腐っていくものなので
どんどん動かしていかないといけません。

たとえば

水って流れている時は美しいですが
動きが止まると、よどんできますよね。

まさしくその水のようなものです♪

ですので、はじめはダムのようにお金をためこみ
投資や目的のためにどどっとお金を流します。

ただ、すべて流してしまうと
今度は水不足(資金不足)になるので
ある程度は残しながら流す・・・

というイメージです。

ですので、低所得時代のお金の貯め方として
短期間でできるだけたくさん貯める事を目的とします。

そこで、まずは

使わない!

はたらく!

貯蓄!

をしかっかりと意識する必要があるんですね。

土・日休まずに1日でもアルバイトに行って
それを貯金するだけでも結構な額になりますよ♪

あ、できるだけ楽してお金を稼ぎたいって
思わない方がいいですよ。。。

その理由については

>>お金稼ぎたい時は?

のページに書いていますので
よければ読んで下さいね♪

結局はコツコツがんばるのが一番確実です。

 

以上、低年収時代のお金の貯め方を考えようでした。


Sponsored Link
 

 

このページの先頭へ